ベジセーフの口コミと評判!野菜洗いの決定版!

使ってよかった!ベジセーフの口コミと評判!アルカリイオン水素水は本当に野菜洗いに効果があるのか?農薬や汚れが気になる、もっと美味しく新鮮なまま食べたいのなら必須の野菜洗い専用水です!

野菜の農薬落としにベジセーフは嘘?アルカリイオン水の役割とは

f:id:kalishinyon:20170616175158j:image

 
ベジセーフといえばアルカリイオンの力で野菜の農薬を落とす野菜洗い専用水なんですが、先日そのアルカリイオン水について気になる記事を見つけました。
 
それはアルカリイオン水で野菜を洗った時に出る水の色は農薬じゃない!というもの。
 
「え、あの黄色や黄緑っぽい水の色って農薬が溶け出した色じゃないの?」って衝撃を受けたんですが、調べてみると他にも同じような記事をいくつか発見したので、まとめてみたいと思います。
 
果たして、アルカリイオン水で野菜を洗った時に出る色の正体とは・・・?
 

ベジセーフで洗うと出る色は農薬じゃなく色素だった!

 
アルカリイオン水で洗った時に一番わかりやすい色が出るのがミニトマトですよね。
 

f:id:kalishinyon:20170616175150p:image

 
5〜6回プッシュした後、コロコロ転がすと写真のような黄色く色づいた水が出てきます。
 
この黄色いものが農薬だと言われているんですが、実はこれトマトの赤い色を作っているリコピンやカロチンという成分が溶け出した色なんだとか。
 
ベジセーフのようなアルカリイオン水はPH値が12とアルカリ性が高いので、物質の表面にどんどん浸透していくことができます。
 
トマトに振りかけると当然、トマトの表面にも浸透しますよね?
 
その浸透したアルカリ水が色素を溶かしだして、水が黄色くなるというわけなんだそうです。
 
もちろん溶かしだすのは色素だけじゃないので、表面についた汚れや農薬も一緒に落とすことはできます。
 
しかし、それは水道水でも同じこと。
 
つまり、アルカリイオン水で野菜を洗おうが水道水で洗おうが、農薬は落ちる!ということなんですね。
 
ただ、「家で育てた無農薬の野菜では水の色が変わらなかった」という口コミもあるので、なんとも言えない部分があるんですが・・・。
 

ベジセーフの便利な効果とは?

 
こんな話をすると「じゃあ、ベジセーフは使えない水なの?」という疑問が浮かんできますよね?
 
実はアルカリイオン水は使えない水どころか、厚生労働省に認められたちゃんとした機能水なんです。
 
先ほど、アルカリイオン水は物質の表面にどんどん浸透していくという話をしたんですが、その浸透力が発揮されるのが野菜を調理する時。
 
野菜の表面にアルカリ水を吹きつけ浸透させることで、野菜のエグミやアクを溶かしだしてくれるので、苦味を感じなくなりとても美味しく食べられるようになります。
 
トマトも甘くなるので、酸味が苦手なお子さんにも美味しく食べてもらえるんじゃないでしょうか。
 
あと、ベジセーフは洗浄にも使われる水と同じぐらいアルカリ性が強いので、除菌や掃除にも効果を発揮しますよ。
 
清潔にしたいけれども洗剤を使いたくない場所、キッチンのシンクや食事テーブルの汚れ落とし・子供のおもちゃの除菌などを薬剤を使わない水でできるのはとても便利です。
 

農薬落としが目的なら買わなくてもいいかも

 
「ベジセーフを使って野菜を洗った時に出る水の色は農薬じゃない」と聞いた時には「騙された!?」と思ってしまったんですが、水道水で洗った時より野菜が美味しく感じたことは間違いではないとわかり、安心しました。
 
しかし、もし野菜の農薬を落としたい!と考えているのなら、買うのはやめましょう!
 
本当に落とせるのかどうかわからないものをオススメすることはできません。
 
ただ、野菜を美味しく食べてみたい人には一度試して頂きたい商品です(^^)
 
 
ベジセーフD